地域包括ケアシステムの構築

地域包括ケアシステムの構築

厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現しようとしています。 社会福祉法人は、「地域包括ケアシステム」の一員としての役割を担っています。<医療・看護><介護・リハビリテーション><保健・予防>の横の連携を図っていくことはもちろんのこと、足立邦栄会の取り組みが地域へ還元でき、役立つことも地域包括ケアシステムの構築の一端を担うものと思います。