社会福祉法人の使命とは

社会福祉法人は社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実・適正に実施できるよう、「公の支配に属する」と位置づけられた非営利法人です。

その事業収益は、全て社会福祉事業に再投資するなどの使途制限がなされています。設立・解散ともに行政庁の認可が必要であり、解散時には残余財産を国庫またはその他の社会福祉法人に帰属させることにより事業の継続性を確保する規制が課されてい
ます。

社会福祉事業は、福祉サービスの利用を必要とする人々の権利擁護のために、高い公益性と安定性の担保が不可欠なため、厳しい規制が課されています。